書道の買い取り/岩槻区/書籍/本 

}

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は埼玉県さいたま市岩槻区で書道の査定、買い取りに行ってきました。さいたま市は合併を繰り返し浦和区、岩槻区、大宮区などを中心に北関東でも有数の規模を誇る都市です。杉並区で30年以上硯、掛軸などの査定、買い取りをしています当社も頻繁にお呼びいただける地域でもあります。岩槻区は日本橋を起点に東照宮が祀られている日光に連なる国道4号も近く歴史的な遺物も多いです。また越谷市、春日部市、白岡市、蓮田市、見沼区に隣接しておりさいたま市で最も面積が広いです。歴史もあり太田道灌によって建立された岩槻城があり、現在では岩月城址公園として岩槻区民の憩いの場としなっております。

さて今回買い取り、査定の対象となりました書道具は書籍(本)です。お持ちになっていた方とお会いでき、当時の書道具がご自身にとって如何に大切なものであったかご説明していただきました。こういった買い取り、査定業務というのは所持されていた方がお亡くなりになった後、どうしていいかわからないご遺族の方からお話しを頂く場合が殆どですがこのようにご存命の方から終活の一環としてお呼びいただけることは大変光栄ですし、当時の書道業界のお話しもしていただけるので勉強にもなります。実際往時の書道をされていた方は全国の書道展を回り、中国に墨、硯などの書道具を買い求めていたり大変な労力とお金をかけていたことは想像に難くないですが実際ご存命の書道家の方からお話しをいただけると熱意がこもるのでしょうか、大変お話が長くなり買取り業務をお互い忘れてしまうことがあります(笑)

画像の書籍は書道の研究雑誌である「書道研究」です、毎回書道に関する研究テーマがあり、それに即した論文などを公表しております。今回は「中国古印の研究」です。書道家の中には篆刻もされる方もいらっしゃいますのでそういった書道家に向けた内容ですね。中国では書も篆刻も絵画もすべて行っていたので日本は細分化されていたのかもしれません。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

 

書道買い取り専門「すみのあと」では書道の買い取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)