書道の買い取り/大阪市旭区/書籍/本

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は大阪市旭区で書道の査定、買い取りに行ってきました。大阪市旭区は守口市、門真市、都島区、城東区、鶴見区、淀川を挟んで東淀川区と隣接しており30年以上硯、掛軸などの査定をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。大阪市旭区は住宅街が多いですが京阪電鉄本線千林駅、千林大宮駅そばの千林商店街が有名です。大阪には仕事柄よく伺いますが大阪でもトップクラスの活気がある商店街で常に観光客で賑わっております。観光ブームと言われておりますが商店街に観光客が来る地域はあまりない気がします。また第二次世界大戦で空襲を逃れているため昔ながらの長屋形式が残っているところも人気の秘密だと思います。

そういった大阪市旭区から査定、買取りの対象となりました書道具は書籍(本)です。書道具を所持されていた方は既にお亡くなりになり、御遺族との査定、買い取りになりました。若いころは奈良県で書道教室を経営されていた方でしたがご高齢になり親戚の方が住んでいる大阪市旭区に引っ越しをされたようです、今回お伺いさせていただいたお宅は閑静な住宅街で交通の便も良いところでした。東京もそうですが大阪市などの都心は地方に比べて面積は狭いですが商店街、交通、様々な施設などを鑑みると便利な場所が多いですね。元気な時は一人で書道をされている方が高齢になり親族、親戚の方にお世話になる話は非常に多いです、確かに墨を擦るのも重労働になりますし、掛軸などは軽いですが額も大作になれば持ち運びも苦労しますし、硯も石ですから重労働になっていく作業なのでしょう。好きなことを続けていくのは体力、金銭など様々な問題があるのでしょう。

画像の書籍は「中国篆刻業刊」(二玄社)です。読んで字のごとく中国の篆刻作品を纏めた全集ですが日本の書道家にとっては大変重要な位置づけである中国の篆刻家を中心に紹介しております。今回は「呉譲之」です。ホウ世臣の弟子である呉譲之は当時西冷印社が席巻していた印壇に一石を投じた革命家として現在でも日本、中国の篆刻家に影響を与え続けております。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の買い取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)