書道の買い取り/堺市西区/書籍/本

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は大阪府堺市西区で書道の査定、買い取りに行ってきました。堺市西区は堺市西部に位置し和田川、石津川が大阪湾につながっており海岸線の沿って小栗街道が走り、その近辺の沿岸部はかつてはリゾート地として栄え、浜寺昭和町や上野芝町などの閑静な住宅街があります。また1000年以上の歴史のある大鳥大社もあり鳳駅や浜寺公園駅からもアクセスがよくだんじり祭りも行われることから観光地としても賑わいを見せております。堺市西区は高石市、堺市中区、住之江区と隣接し30年以上硯、掛軸などの査定、買い取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。

そういった堺市西区から査定、買い取りの対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方とお会いすることができました。書道関係のご商売をされていましたが高齢になり終活の一環としてお呼びいただきました。お若いころは書道関係の書籍、硯、掛軸などを扱っており、バブル期ということもあり大変景気は良かったようです、私の世代はバブルが終わった後に社会人となりましたのでいわゆる「いい思い」はできませんでしたが当時の景気の良すぎるお話は今聞くと痛快です。書道の世界も高額な掛軸や硯が飛ぶように売れていたようで現在とは隔世の感があります。

画像の書籍はそういった時代に書道ファンや書道家が買い求めていた「書道研究」(美術新聞社)です。毎回あるテーマに沿った内容を掘り下げていく研究雑誌です。今回のテーマは「墨蹟」です。墨蹟とは書跡、筆跡と同じ意味で現在では使われていますがもともとは宋時代の禅宗、曹洞宗、臨済宗などの僧侶の書に使われていた言語で文人、書家には使用されていないようです。ちなみに当社の屋号は「墨跡」を訓読みしております()ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買い取り専門「すみのあと」では書道の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)