書道の買い取り/交野市/書籍/本

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は大阪府交野市で書道の査定、買い取りに行ってきました。大阪府交野市は寝屋川市、枚方市、四条畷市、奈良県生駒市に隣接し、30年以上硯、掛軸等の査定をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。交野市は自然の地形に恵まれており、JR東西線、第二京阪道路の開通により交通の便も良く郡津駅周辺など人口が増加しております。また歴史的建造物としては交野市駅そばに交野城跡が交野市の北にあります。ほぼ平城であり現在は本丸などを類推するしか判断材料がありませんがこういった城郭は存外多くあったのでしょう。

そういった大阪府交野市から査定、買い取りの対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買い取りとなりました。長年書道をご趣味でされていた書道家の方だったようでご遺族の方も別居されていたため遺された書道具をどうしていいかわからず、そもそも売れるものなのか捨てていいのか、あげられるものなのか、判断がつかず当社をお呼びいただけました。こういったお話は非常に多くご遺族の方が両親が何を趣味とされていたか把握している方は確かに少ないですね。硯、掛軸などが出てくればどうしていいかわからず処分されてしまうお話は非常に多いです。そのような時は当社が伺いますので是非お声がけいただきたく思います。

画像の書籍は「呉昌硯行書前赤壁賦」です。書道をされる方で呉昌硯の名前を知らない書道家はいないといっていいでしょう。当時も呉昌硯の掛軸は高額でしたが今では中国バブルもありさらに高騰しております。殆どの書道家の方はこういった書籍を買い求め自身の書道の研究、発展材料としていたのではないでしょうか、遺された書籍を拝見しますと書道家の方の人生が窺えるようです。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買い取り専門「すみのあと」では書道の買い取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)