書道の買い取り(目黒区) 

}

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都目黒区で書道の、査定、買い取りに行ってきました。目黒区は世田谷区、渋谷区、港区、品川区、大田区と接しております。杉並区で30年以上硯、掛軸などの買い取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。目黒区は歴史もあり旧石器時代から古墳時代の遺跡である東山貝塚遺跡があります。また学芸大学駅、都立大学駅などの東急電鉄東横線沿いは閑静な住宅街が多く住みやすい地域でもあります。

そういった東京都目黒区から買い取り、査定の対象となりました書道具は印材です。書道具を所持されていた方はお亡くなりになり、御遺族との査定、買い取りになりました。若いときは地方で書道教室をされていた方でしたがご高齢になり親戚の方が住んでいる東京都目黒区に引っ越しをされたようです、東横線の都立大学駅など交通の便も良く、地方に比べて都内は便利な場所が多いですね。若いときは一人で書道をされている方がお年を召されて親族、親戚の方にやっかいになる話は非常に多いです、私事ながら人生の来し方行く末を鑑みますとこういった人生プランも必要なのかな、と買い取り、査定業務を通して考えてしまいます。画像の印材は篆刻の練習用に売っていた書道具です、練習用ですので安価な書道具ですが所持されている方は何十㎏も持ってますのでご遺族の方はどうしたらいいかわからず当社にご相談いただく話が多いです。

硯、掛軸以外にもかような「どうしたらいいかわからない骨董品」に関するお問い合わせはいつでも伺いますのでお気軽にご相談いただければと思います。画像の印材は練習用ですがこの書道具を買われた方の高揚感はわかっております、この印材を藝術品にまで高めたい!と思っていた書道家の方も多いと思います。買値よりも想像感を掻き立てる書道具ですね、有難うございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買い取り専門「すみのあと」では小坂奇石の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)