書籍、本の買取り(二玄社)(杉並区清水)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都杉並区清水で書道の書籍、本の買取り、査定に行ってきました。杉並区清水は杉並区の北部に位置し、下井草、今川、桃井、本天沼に隣接しております。杉並区清水は日蓮宗の流れを汲む妙正寺があります。妙正寺は14世紀からある大変歴史のあるお寺で鬼子母神造や弁財天が祭られております。

さて今回査定、買取りをさせていただいた書道具は二玄社発行の書籍です。お持ちになっていた方との査定、買取りになりましたが書道の関係の大学に勤められ大変な書籍、本を持っていらっしゃいました。書道関係の硯、掛軸、墨、印材も好きで収集と研究をされていたようです。仕事と趣味が一緒とは全くうらやましい話ですね。

画像は北宋の書道家、文学者、詩人である黄庭堅の写しですね。黄庭堅は詩人としては蘇軾とならび書道家としては蘇軾、米芾、蔡襄と並び「宋の四大家」と並び称されております。黄庭堅は顔真卿の影響を受け草書を最も得意としていたようです。その実力は1000年たった現在でも色あせることなく様々な出版社がその良さを伝えるために書籍化しております。もちろん黄庭堅の肉筆の掛軸があればそれは大変な古美術品です、杉並区で30年以上買取り、査定をしていますがこういった古筆の査定のお話をいただきますが写しも多く判断が難しいところです。ですのでこういった古筆は様々な出版社が現代写しを書籍化しております。その立役者が二玄社なのでしょう。二玄社の書籍は村上三島や西川寧など一流の書道家が編纂に参加しているため大変完成度の高い書籍を作っています。現在でも書道家、コレクター筋でも評価されております。特に掛軸作品の模倣の出来が良く、知る人ぞ知る出版社ですね。

こういった掛軸、書籍に出会えることは時代を超える楽しみですね。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では書籍、本の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」こちらです

 

書道具買取り専門「すみのあと」

 

杉並区は下記地域を中心に買取りを強化しております!

杉並区内は阿佐ヶ谷、天沼、井草、和泉、今川、梅里、永福、上井草、荻窪、久我山、上高井戸、高円寺北、高円寺南、清水、下井草、下高井戸、松庵、善福寺、高井戸、成田、西荻北、西荻南、成田西、成田東、浜田山、方南、堀ノ内、本天沼、松ノ木、南荻窪、宮前、桃井、和田、などにお住いの方には出張買取いたします、関東圏に加え全国出張も承りますのお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)