市川市で書道の買取 

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は千葉県市川市で書道の査定、買取に行ってきました。市川市はは松戸市、船橋市、浦安市、鎌ヶ谷市、葛飾区、江戸川区に接します。また市川市は戦後、東京から近いこともあり別荘地として人気があり幸田露伴、永井荷風らの文人が住んでいました。杉並区で30年以上硯、掛軸などの書道具を買取、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。別荘地というと軽井沢などをイメージしがちですが戦前~戦後ですと市川市や杉並区も別荘地に入っていたという事実は時代の流れを感じ新鮮な気持ちがします。

そういった千葉県市川市で査定、買取の対象となりました書道具は肉池です。お持ちになっていた方は残念ながらお亡くなりになりご遺族と書道具の査定、買取になりました。亡くなられた書道家の方が所持されていた書道具(書籍、硯、掛軸他)を見させていただきましたが数ある書道具中で肉池の数が多かったです。書道をされる方にとって書道具は自身の書道作品を預ける大切な伴侶ともいえます。画像の肉池は朱肉ですが西冷印社の書道具です。この肉池を大量に所持されている書道家の方は存外多いです。恐らく書道展の記念で頂くこともあるし、ご自身が中国に行った際に買われたこともあるでしょうし、書道仲間と交換したこともあると思います。また古いものではないので値段も手ごろで持ち運びやすい大きさですので数多く所持される方が多いのも頷けます。

また書道家の方は中国趣味の方が多いので肉池に描かれている中国の絵を気に入っていたのかもしれません、箱にマジックで「美麗」と書いてありますが相当気に入っていた図柄なのでしょう。ありがとうございました、次世代の書道家の方に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では小坂奇石の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)