川越市で硯の買取り 

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は埼玉県川越市南通町で硯の買取り、査定に行ってきました。川越市南通町は新富町、脇田町、菅原町、通町に接し埼玉県川越市はふじみ野市、川島町、坂戸市、鶴ヶ島市、上尾市、狭山市に隣接しています。杉並区で30年以上硯、掛け軸の査定、買取りをしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。川越市南通町は丸広百貨店など便利な商店も多い川越駅から近く、古いお宅も多く閑静な住宅街ですね。

そういった川越市南通町で査定、買取りの対象となりました書道具は硯としては世界一有名ともいえる端渓硯です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりました。書道具の遺品を拝見させていただきましたが数ある硯の中画像の端渓硯が一番目を引きました。書道家に限らず骨董ファンや書道業界関係者など硯が好きで蒐集されている方は存外多く、今回呼んでいただいた書道家の方も入口は硯でしたがだんだんと蒐集熱が出始め、水滴、掛け軸、墨などの書道具も気に入って買い求められ、骨董品もある程度買われていたていたようです。骨董品といえば仏像、李朝や織部の古陶磁や仏画等の掛け軸など古美術品を思い浮かべますがそういった骨董品は贋物も多く一般の方にとっては難しいジャンルですね。そもそもどのお店から買っていいかもわかりません。

今回査定、買取させていただいた端渓硯は時代はありませんのでそういった意味では贋物を掴んでしまう危険性のない買い方をされていた書道家の方だったようです。掛け軸も、骨董品なども新作が多かったです。そのような買い方の方が手堅く楽しめるスタイルかもしれません。硯や掛け軸も書道具ではありますが時代のある書道具を買い始めると楽しさもありますが不安もあると思います。そういった価値、値打ちがわからないものがご自宅にありましたら「すみのあと」でお気軽にご相談ください。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では硯(書道具)の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

川越市は以下の駅を中心に出張買い取りしております、川越駅、本川越駅、川越市駅、鶴ヶ島駅、霞が関駅、南古谷駅、南大塚駅、新河岸駅、的場駅、笠幡駅、西川越駅の近くにお住いの方は出張買い取りいたします。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)