殿村藍田の巻物、掛軸の買取(東京都府中市)

書道具買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都府中市で天才書道家殿村藍田の巻物、掛軸の買取に行ってきました。府中市は調布市、国立市、日野市、稲城市、多摩市、国分寺市、小金井氏に隣接しています。歴史も深く鎌倉時代には幕府の合戦の要衝となったこともる位重要な拠点でした。律令時代に武蔵国の国府がおかれそこから「府中」という町名ができたそうです。人口も夜間、昼間で差異がなく職住環境が近いため住民満足度も高い街です。一時私も住んでましたが緑も多く非常に過ごしやすい街だった記憶があります。

さて今回見せていただいた書道具は書道家殿村藍田の巻物と掛軸でした。所有されていた方は他界されておりご遺族の方との査定、買取になりました。お話を伺う限り殿村藍田のお弟子さんで書道家の掛軸作品を多数所持されていたようです。他にも硯、墨、筆などの書道具も多数所持されていたようですがだいぶ前に形見分けを行い、今回ご遺族の方もご高齢になり残りの書道具も売却される決心がつき、有難いことにお呼びいただけました。杉並区で30年以上買取、査定を行っていますが書道家の部屋は何とも言えない佇まいがあり図々しくも長居したくなります。品のある硯、墨などの書道具に加え師匠の殿村藍田の掛軸を飾るという行為はお金もかかりますがそれだけ有意義な時間だったのではないでしょうか。画像の巻物は若いころの作品で通常「若書き」と評される部類の作品ですね。殿村藍田は「狂草」という書風で知られますが簡単に言うと「火が付いたら暴走する」書風です。序盤は流麗な作風ですがどこかでスイッチが入ると誤字脱字もいとわない情念の塊が書に顕現いたします。私もこの作風が好きなのでついつい買いすぎてしまいます笑。若書きですがこれはこれで素晴らしい作品です。

素晴らしい書道作品をありがとうございました、大切に扱わさせていただきます。

書道具買取り専門「すみのあと」では殿村藍田(掛軸、巻物)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

府中市は下記地域を中心に買取を強化してます。

府中市は多摩町、朝日町、紅葉丘、白糸台、押立町、小柳町、若松町、浅間町、天神町、新町、幸町、府中町、緑町、宮町、八幡町、清水が丘、分梅町、住吉町、四谷、日吉町、是政、矢崎町、南町、本町、片町、宮西町、寿町、日鋼町、晴見町、栄町、武蔵台、北山町、西原町、東芝町、美好町、日新町、本宿町、西府町などにお住いの方には出張買取いたします。東京都を始めとした関東圏から全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)