大綱宗彦の掛軸の買い取り(杉並区浜田山)

}

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都杉並区浜田山で臨済宗の僧侶「大綱宗彦」の掛軸の買い取り、査定に行ってきました。杉並区浜田山は杉並区中西部に位置し井の頭通りが通り、永福、大宮、下高井戸、高井戸、成田東、成田西に隣接します。地名である「浜田山」の由来は江戸期に米問屋の浜田屋という商人がいたことが由来だそうです。

 

さて今回見せていただいた書道具は大綱宗彦の掛軸です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買い取りになりました。浜田山で3代続く農家のお家でしたが杉並区は今では閑静な高級住宅街として知られてますがかつては土地が余っていた時代があったのですね笑

30年以上書道に携わっていた方でしたが硯、墨などの書道具よりも書を中心とした掛軸作品が好きな方だったようです。杉並区で30年以上買い取り、査定をしていますが書道ひとつとっても趣味の範囲は実に様々ですね。硯が好きで硯を何百点もコレクションされている方もいますし書道に関する掛軸を蒐集されている方もおります。もちろん趣味の世界ですので誰に憚られることもなく自分だけの書道空間を体現できることは非常に幸運な人生だったのではなかったのではないかと思えます。

大綱宗彦は江戸後期の臨済宗の僧侶として広く知られてます。黄梅院に居を構え、画像の和歌を始めとして書画、消息も多く残されており千家とも交流があったようです。茶道具関係の買い取り、査定でも大綱宗彦はよく見かけます。茶室に飾ることによって茶道の空間の引き立て役になったのであろうと思います。非常に流麗で書道にも茶道にもひとつの空間を演出する掛軸の役割を果たしうる作風だと思います。

日本人の侘びさびを体現する掛軸です。大切に扱わせていただきます。

 

書道具買い取り専門「すみのあと」では村上三島の掛け軸作品の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買い取り専門「すみのあと」

 

杉並区は下記地域を中心に買い取りを強化しております!

杉並区内は阿佐ヶ谷、天沼、井草、和泉、今川、梅里、永福、上井草、荻窪、久我山、上高井戸、高円寺北、高円寺南、清水、下井草、下高井戸、松庵、善福寺、高井戸、成田、西荻北、西荻南、成田西、成田東、浜田山、方南、堀ノ内、本天沼、松ノ木、南荻窪、宮前、桃井、和田、などにお住いの方には出張買い取りいたします、関東圏に加え全国出張も承りますのお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)