墨の買取/港区

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都港区で書道の買取、査定に行ってきました。港区は千代田区、中央区とともに都心3区と位置付けられ新宿区、江東区、品川区、渋谷区に隣接しております。港区は区域の東側は東京港に位置しベイエリアの一部として賑わいを見せております。また中央の虎ノ門や新橋はオフィス街が多く新橋駅には多くのサラリーマンが日々の疲れを癒しております。また白金台などの高級住宅街もあり様々な顔を持つ街でもあります。江戸期には江戸城が近いことから武家屋敷や藩邸も多く今もその名残が各跡地に見受けられます。歴史的な建物も多く迎賓館などは外国人に有名で、また芝公園や自然教育園など緑の多い地域も多いところも特色のひとつです。

そういった東京都港区から査定、買取りの対象となりました書道具は墨です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。港区ビルを経営しながらご趣味で書道をされていた書道家の方だったようです。往時の日本社会はバブル景気もあり大変に景気がよかったようでいたるところで景気のいいお話を伺うことができます。書道業界も同じように全国各地に書道教室があり、全国各地で書道展覧会が開かれ、書道家の中でも青山杉雨や西川寧が所属する謙慎書道会は大変多くの門弟を抱え書道雑誌、書道書籍の出版に熱心な活動をしておりました。東京では墨も多く販売されており画像の墨は使いかけが殆どですが奈良の墨運堂や呉竹精昇堂などの墨も大変人気がありました。また中国書画墨を求めて書道家仲間で中国に渡っていたこともあったようです。隔世の感もありますが往時を彷彿させる墨をありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)