墨の買取/板橋区/書道具

書道具買取専門の「すみのあと」です。東京都板橋区から墨の査定、買取のご案内です。板橋区は東京23区の地域で北区、練馬区、戸田市、和光市、豊島区に接しており杉並区で30年以上硯、掛軸の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。板場細工は人口58万人を擁し歴史的な街並みもあり平安時代から石神井川にかかっていた「板橋」がそのまま板橋区の地名の由来となった経緯があります。

そういった板橋区から査定、買取の対象となりました書道具があります。板橋区で会社員生活をされながら合間合間の時間で書道をされていた書道家の方だったようです。書道は義務教育でもありますが教員の方などが教えながらも興味を抱き書道教室に通われる方が存外いらっしゃいます。社会人の方もふとしたきっかけでそういった書道関係の趣味を持つ方もいらっしゃいます。また文房四宝である硯、墨、筆、和紙は都内であれば気軽に購入できますし水滴、文鎮、硯箱、宣紙、画仙紙などの書道用品も同様かと思われます。画像の墨は干支をモチーフにした墨ですがもちろん書道用品店でも買えますが多くは記念で頂いた墨である場合が殆どです。墨も中国明時代の古墨などは高額な査定額になりますし和墨といわれる呉竹精昇堂の千寿墨や墨運堂が販売した百選墨などコレクター心をくすぐる墨や学童用の墨まで非常に幅広くあります。また墨は手ごろな大きさでもあるのでついつい買いすぎる書道家の方もよくいらっしゃいます。ですので墨は持っている方は実は多いです、墨は書道になくてはならない消耗品でもありますが自身の作品を預ける伴侶でもありますので数は多く所持されている書道家の方も多いです。書道家作品だけでなく消息、手書き、葉書にも往時の書道家は墨を擦っておりました。それだけ書道だけでなく「書」と墨は密接不可分の大事な道具でもあります。

今回御相談いただいた御遺族の方はこのような墨の貴重さ、儚さをご存じなかったので墨の背景を説明したところご納得いただけましてありがたい気持ちになりました。また墨に限らず書道具、書道用品を売却される際は一点一点が小さく、また作家作品、時代のある書道具の場合査定額が大きく変わりますので判断が難しいかもしれません。そのようなときは専門の当社にご相談ください。当社は遺品整理、終活蒐集品の売却など幅広く対応しております。ご自宅に眠っている価値の分からない書道具がございましたらお気軽にご相談ください。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)