和紙の買取/荒川区

書道具買取専門の「すみのあと」です。東京荒川区から和紙の査定、買取のご案内です。荒川区は23区内に位置し台東区、北区、足立区、文京区に接しており杉並区で30年以上硯、掛軸の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。荒川区はかつては農村地域でしたがその後工業化が進み現在は工業跡地を中心に住宅などの再開発が進んでおります。

そういった荒川区から査定、買取の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。親子2代で書道をされていた書道家の方でした。書道も「道」の世界ですので俗にいう「親子鷹」といわれる状況がよくあります。茶道、柔道などの世界でもあることですがこういった流れは往々にして次世代の方がうまくいかないこともあり違った方向に進むこともよくあります、書道の世界に限っては大切にされていた文房四宝である硯、墨、筆、和紙などや書道家作品、水滴、硯箱、文鎮、宣紙などを伝えたいお気持ちもわかりますが一代目と同じパフォーマンスを発揮することは難しいかもしれません。

画像の和紙は日本の美濃和紙ですが和紙も書道具の中では重要な位置を占めており、日本では古来より生産されている書道用品で世界に誇る文化でもあります。和紙は洋紙にくらべて柔らかく頑丈でもありますので絵画の修復、人形細工など書道以外でも多方面で活躍の場所があります。和紙は島根県の石州紙、岐阜県の美濃紙、埼玉県の細川紙、高知県の土佐和紙など各地の特色を生かした和紙、画仙紙が生産され高い評価を得ています。また和紙を売却されたい方のご相談はよく受けますが和紙は保存状態によりシミ、イタミが目立つことがよくありますので和紙を売却される際は状態が肝要となります。

今回御相談いただいた御遺族の方はこのような和紙の背景をご存じなかったのでこちらから和紙の内容をご案内したところご納得いただけまして何よりでした。和紙も条幅紙、画仙紙、宣紙、書道半紙など様々ですので御判断に迷われたときは専門の当社にご相談ください。また当社は遺品整理、終活、蒐集品の売却など幅広く対応しております。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)