印材(鶏血石)の買い取り(昭島市田中町)

 

書道具買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都昭島市田中町で書道具の買い取り、査定に行ってきました。昭島市は都心より35キロメートル離れた位置にあり、八王子市、あきる野市、福生市、立川市、国立市に隣接しております。玉川上水が流れており以前もこのコラムで取り上げましたが太宰治が入水自殺したことでも有名です、杉並区で30年以上買い取り、査定をしています当社からも中央線~青梅線で繋がっておりよく呼んでいただける地域でもあります。歴史も深く16世紀に山内上杉家の重臣大石定重により滝山城が築城されており城下町の様相も呈していたようです。

そういった昭島市田中町から査定、買い取りの対象となりました書道具は鶏血石(印材)です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買い取りになりました。掛け軸、硯などの書道具もありましたが印材の蒐集に力を入れていた書道家の方だったようです。印材は小さく管理も楽なため多くの書道家の方が所持されており、中には書道よりも印材集めに奔走される方もいらっしゃいます。印材と言えば田黄石が高価な印材として有名ですが鶏血石も劣らず人気があります、画像の鶏血石は古いものではありませんがこの赤味があって時代があればそれは高価なものだったと思います、また印材は山田正平、小林斗アン、中村蘭台らの著明篆刻家が彫った印材であれば当時は高価だったと思います。そういった美術品としての印材はなかなか手が出せないので手ごろな価格で入手しやすい印材も雰囲気があっていいですね。高価な印材も手ごろな価格で入手できる印材もその小さな画面に表現された小宇宙の楽しさは変わりがありませんね、いい印材をありがとうございました、次世代の方に繋いでいきたく思います。

書道具買い取り専門「すみのあと」では鶏血石(印材)の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買い取り専門「すみのあと」

昭島市は朝日町、東町、大神町、郷地町、昭和町、上川原町、田中町、玉川町、築地町、つつじが丘、中神町、拝島町、福島町、松原町、緑町、宮沢町、武蔵野、もくせいの杜などにお住いの方は出張買い取りいたします。関東圏だけでなく全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)