今井凌雪の買取り(練馬区光が丘)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都練馬区光が丘で書道家「今井凌雪」の書道作品の買取り、査定に行ってきました。練馬区光が丘は練馬区北部に位置する新興住宅街です。埼玉県が近く、杉並区で30年以上買取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。

さてそんな練馬区光が丘から買取り、査定の対象となりました書道具は有名書道家「今井凌雪」の折手本です。お持ちになっていた方はお亡くなりになり、ご遺族との査定、買い取りになりました。残念なことですがご遺族の方がどういった書道をされていたかわからないことが多く、こちらで書道家の方が残された硯、掛軸などの書道具を見て類推することがよくあります。見渡したところ今井凌雪関係の書籍、手本がありましたので恐らくこの方が先代のの師匠ではないかと話したところ「そういえばそんな名前を聞いたことがある」と合点され買取り、査定がスムーズかつ、ご遺族との思い出話も交えつつ和やかに進められる時があります。こういった時はなんとかお役に立てたと、という小さな自負心も芽生えます笑

今井凌雪は大変人気の高い書道家です。大東文化大学、東京教育大学、筑波大学で教授を務め、果ては大東文化大学書道文化センター所長を務めます、その研究熱心さはとどまるところを知らず中国でも書道の研究を続け浙江中国美術学院客員教授、上海復旦大学で教授を務めあげます。またそういった熱意がNHKで講師を務めたり後進の育成のため書道関係の書籍を執筆し続けた理由ではないでしょうか?

 「展覧会に出品するのは上手だから出品するのではなく、出品することによって上達をはかるのだ」と弟子たちを叱咤激励する熱意のある書道家でもあります。この書道家としての飽くなき探求心が多くの書道家の心を捉えたことは容易に推察ができます。また画像にある今井凌雪本人の手本を所持できたお弟子さんはさぞ幸福な書道の勉強時間ができたことでしょう。私はここまで勉強し続ける能力はありませんがこういった書道家の魂が宿る作品を身近で鑑賞できることはかけがえのない資産だと思っております。

 

書道具買取り専門すみのあとでは今井凌雪(掛軸、色紙、手本等)の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです。

書道具買取り専門「すみのあと」

 

練馬区は旭丘、旭町、大泉学園町、大泉町、春日町、石神井、上石神井、上石神井南町、北町、向山、小竹町、栄町、桜台、下石神井、石神井台、石神井町、関町北、関町東、関町南、高野台、高松、田柄、立野町、土支田、豊玉上、豊玉北、豊玉中、豊玉南、中村、中村北、中村南、西大泉、西大泉町、錦、貫井、練馬、羽沢、早宮、東大泉、光が丘、氷川台、富士見台、平和台、南大泉、南田中、三原台、谷原、などにお住いの方には出張買取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具買取り専門すみのあと

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ

い)