上田桑鳩の買取り(掛軸 立川市泉町)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都立川市泉町で書道具(上田桑鳩)の買取り、査定に行ってきました。立川市泉町は立川市中部に位置し緑町、高松町、幸町、栄町、上砂町、砂川町、柏町、に接し日野市、国立市、国分寺市、昭島市、武蔵村山市に隣接しております。杉並区で30年以上掛軸、硯などの買取り、査定をしています当社も近く良くお呼びいただける地域でもあります。立川市泉町は土地も広く、在日米軍基地、公園なども多いですね、国営昭和記念公園などの施設もあります。

そんな立川市泉町から査定、買取りの対象となりました書道具は前衛書道家「上田桑鳩」の掛軸作品です。所持されていた方はお亡くなりになり、御遺族との査定、買取りになりました。上田桑鳩の晩年の号である「念々道人」銘の掛軸を所持されている時点で上田桑鳩の弟子筋ではないかと思いましたが、御遺族に確認したところやはり上田桑鳩のお弟子さんでした。上田桑鳩があれば宇野雪村から譲り受けた墨、和紙もやはりあります。書道家として相当研鑽を積まれた方だと思います、遺された書道具がその方の熱意を伝えてくれます。

上田桑鳩は青山杉雨、西川寧などの保守本流の書道家とは一線を画し「前衛書道家」というジャンルに振り分けられますがその熱意が仇となり松林桂月に作品を激怒され日展を去るという事態にまで発展します。しかしながら比田井天来も認めた書道家です、只者ではありません。画像の掛軸は上田桑鳩の渾身の力がこもった掛軸作品です。他にも硯、墨、書道家の掛軸作品がありましたがこの掛軸を見た後では他の書道具が目に入らないくらいの説得力があります。

上田桑鳩は当時前衛書道家としてたいへんな人気を博しましたがこれぞ!という掛軸作品は最愛のお弟子さんに譲るのでしょう。そこは値段云々ではなく古き良き日本人の師弟愛が感じられます。私のような人間にはなかなか到達できない境地ではありますがこの上田桑鳩の掛軸作品を鑑賞させていただく度に上田桑鳩とそのお弟子さんの心象風景に辿り着きたく思います。

素晴らしい掛軸作品です、大切に大切に扱わさせていただきます!

 

書道具買取り専門「すみのあと」では上田桑鳩の作品(掛軸、色紙)の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

立川市は曙町、泉町、一番町、柏町、上砂町、幸町、栄町、柴崎町、砂川町、高松町、羽衣長、富士見町、緑町、若葉町などにお住いの方には出張買取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)