上田桑鳩の掛軸の買取り(杉並区方南)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都杉並区方南で書道家「上田桑鳩」の掛軸の買取り、査定に行ってきました。杉並区方南は杉並区の東部に位置し善福寺川が流れ和泉、堀ノ内、和田、世田谷区大原に接し南部は渋谷区笹塚に隣接します。また催し物をよく開催する方南銀座商店街もあり住みやすい地域です。杉並区で30年以上買取り、査定をしております当社からも近く、有難いことによく呼んでいただける地域でもあります。

そういった杉並区方南から呼んでいただけました書道具は著名書道家の「上田桑鳩」の掛軸です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりました。前衛書道家で知られる上田桑鳩のお弟子さんだったようで硯、墨、掛軸などの書道具も現代的なセンスの光る書道具が多かったです。前衛書道というジャンル自体が漢学を中心とした書道界に対する挑戦だったような気もします。

上田桑鳩は明治32年兵庫県に生まれ家族が破産の憂き目に会う中上京し比田井天来に師事を受けます。その後泰東書道展に出品した「臨黄庭経」で文部大臣賞を受賞し脚光を浴び、金子歐亭、桑原翠邦らと書道芸術社を設立し書道の普及に尽力します。晩年には顔料を使った絵画的な作風もあり、号も変えるなどして晩年まで自身の書道作品に渾身の一撃と言っていい作品を多数発表します。掛軸作品には大根など当時の書道家がモチーフとしなかった作品も多数あります。

上田桑鳩は前衛書道の泰斗とされ比田井天来から受け継いだ書風を井上有一に橋渡しをした重要な位置付けにある書道家だと思っております。

画像の掛軸作品は上田桑鳩らしい、「下手ならば下手なりにうまい書を書く」という信念が表出された掛軸ではないでしょうか。シミが目立ちますがそのシミさえも上田桑鳩の力強い作風を演出しているかのようです。素晴らしい掛軸作品をありがとうございました。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では上田桑鳩の掛軸作品の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

杉並区は下記地域を中心に買取りを強化しております!

杉並区内は阿佐ヶ谷、天沼、井草、和泉、今川、梅里、永福、上井草、荻窪、久我山、上高井戸、高円寺北、高円寺南、清水、下井草、下高井戸、松庵、善福寺、高井戸、成田、西荻北、西荻南、成田西、成田東、浜田山、方南、堀ノ内、本天沼、松ノ木、南荻窪、宮前、桃井、和田、などにお住いの方には出張買取りいたします、東京を始めとした関東圏に加え、全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)