上條信山(掛軸)の買取り(小金井市本町)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都小金井市本町にて書道家「上條信山」の掛軸の査定、買取に行ってきました。小金井市は武蔵野市、府中市、調布市、西東京市に接し、小金井市本町は小金井市中央に位置し貫井北町、貫井南町、前原町、中町、桜町、緑町に隣接します、小金井市本町には小金井市市役所が置かれ小金井市の中心地でもあります。

そんな小金井市本町から査定、買取りの対象となりました書道具は謙慎書道会「七賢人」の一人である上條信山の掛軸です。所持されている方とお会いすることができましたがだいぶ高齢の方でしたが硯、掛軸などの書道具に対する気持ちはしっかりと残っており、上條信山先生のことはよく覚えていらっしゃいました。杉並区で30年以上買取り、査定の仕事をしていますが上條信山の掛軸作品はよくお声がかかります、それだけ人気書道家だったのでしょう。お話させていただいた書道家の方は女性でしたが女性はかな文字をされる方が多いですが漢字一本の女性書道家でした、珍しいですね。青山杉雨、西川寧、宮島詠士等の著作も所持されており研究熱心な書道家の方でした、あまりお話しする時間はありませんでしたが所持されている掛軸、硯、墨を見させていただき、どのような書道人生を歩まれたか予測したうえでお話させていただきましたので会話はスムーズにできました。また上條信山の掛軸や他の書道家の掛軸を見ながらご説明され、ご本人は歩くのもしんどそうにしながら語られる様子には胸を打たれました。人間どんなに年を重ねても自身が情熱を傾けた仕事の話は書道に限らずいくつになっても昨日のことのように話せるものですね、及ばずながらこういった人生を歩みたいものです。

上條信山本人は後年老荘思想に傾き人生を書道に捧げた偉大なる書道家です。おそらく上條信山の生きざまが弟子の書道家にも伝わっていたのでしょう。上條信山本人とは残念ながらお話はできませんがお弟子さんと短い時間ながらも交流できることは大変な「書道」冥利です。画像の上條信山の揮毫した掛軸も豪壮にして鋭利な作風ですね、大切に扱わせていただきます。ありがとうございました。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では上條信山(掛け軸)の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

 書道具買取り専門「すみのあと」

小金井市は下記地域を中心に買取りを強化してます。

小金井市は梶野町、桜町、関野町、中町、貫井北町、貫井南町、東町、本町、前原町、緑町などにお住いの方には出張買取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)