さいたま市で硯の買取り 

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は埼玉県さいたま市大宮区東町で硯の買取り、査定に行ってきました。大宮区は西区、中央区、北区、見沼区に接します。さいたま市は川口市、戸田市、越谷市、春日部市、久喜市、川越市、川島町、朝霞市、上尾市、に隣接しております。杉並区で30年以上掛軸、硯などの買取り、査定をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。さいたま市は新幹線がとまる大宮駅を中心とした繁華街が栄えており、群馬、栃木方面の方もよく利用している北関東の交通の要衝であります。大宮区の桜木町の繁華街は地価もさいたま市で最も高く、閑静な住宅街も多く過ごしやすい街といえます。

そんなさいたま市大宮区東町から買取り、査定の対象となりました書道具は硯です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りとなりました。若いころに都心で書道教室をされていた方でしたがご高齢になり親族の住まわれているさいたま市に引っ越されたようです。都心で書道をされていた方が年齢を重ねてから親族の方と過ごす目的でお越しになるお話は存外多く、このサイトでも何回も案内させていただいております。逆に地方から東京へ引っ越しをされる書道家の方も存外います。書道は地味に体力を使う仕事です、掛軸、墨なら手軽ですが硯は数が増えれば重労働です。私も硯を一面でなく何面か運ぶときは腰を痛めないよう小さい段ボールに入れて往復するよう心がけております(笑)

また展覧会用の額も大きく高齢になれば一人で運ぶことは困難な重労働です。こういった書道具は遺された遺族の方はどうしたらいいかわからずよくご相談をいただきます。そういったご遺族、こちら側の苦労も色々ありますが書道家の方が遺された書道具を拝見すると苦労して良かったと思える時があります。画像の硯は清朝期の端渓硯です、蓋もしっかりしていて鑑賞用にも耐えうる美しい硯です。往時は高額だったことが容易に推察されますね、所持できた時の喜びは相当なものだったでしょう。次世代の書道家の方にお渡ししたく思います。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では硯の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)