香川春蘭(書道 買取り対象書家 東京都)

香川春蘭は明治30年東京に生まれます。同世代の書家は辻本史邑、浅見喜舟、山田正平、上田桑鳩、松丸東魚、日比野五鳳、高木聖鶴など書道界を担ったスターが数多くいます。杉並区で30年以上、書道関係の買取りをしています当社もこのクラスの書家のお弟子さんからよく呼んでいただけます。香川春蘭は東京女子師範学校(現お茶の水女子大学)を卒業後小野鷲堂に師事します。当時小野鷲堂はかな書道の第一人者でした。主に平安期の草仮名を基調とした掛軸作品は多く残っております。また川口芝香、小山やす子もその流れを汲んだ書家です。香川春蘭は比田井天来の自由な書風も気に入っており、その流れから前衛書道の大家となります。当時の新しい書風に多大な貢献をした書家です。夫の逝去後書道芸術院会長を務め、自身の書道団体である馨香会を結成します。昭和59年に東京で個展を開催した翌年逝去します。かな書家の作品は大石隆子、小山やす子など女流書家が多いですね、作風もかな文字独特のやさしさが溢れています。及ばずながらかな文字の良さを後の世代に繋いで生きてく思います。

 

 

書道買取専門「すみのあと」では香川春蘭の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)