阿部醒石(書道 買取対象書家 大阪府高槻市)

阿部醒石は大正4年大阪府高槻市に生まれます。同世代の書家は篠田桃紅、梅舒適、小林斗盦(小林斗アン)、成瀬映山らがいます。杉並区で30年以上、掛軸、硯などの買取、査定をしています当社もこういった書家の作品でお声がかかることがよくあります。阿部醒石は書家というよりは合気道の植芝盛平の弟子といったほうが伝わりやすいかもしれません。また植芝盛平から合気道10段を頂くという快挙も成し遂げております。書家としては黒木拝石の弟子である小坂奇石の弟子です。小坂奇石の弟子としては他に江口大象、加藤瓦川、中野南風、田中双鶴らがいますが一般的には阿部醒石のほうが有名かもしれません。植芝盛平逝去後はアメリカ、オーストラリアなど海外でも合気道の活動を行い、書家としては日展の会員となります、日本部同協議会武道功労者を受賞後、平成23年に逝去します。阿部醒石の掛軸作品はあまりお目にかかりませんが色紙作品はよく見かけます、それだけ合気道、書家として人気があったのでしょう。

書道買取専門「すみのあと」では阿部醒石の掛軸作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

高槻市は赤大路町、芥川町、明田町、明野町、朝日町、阿武野、安満磐手町、天川新町、天川町、安満北の町、安満御所の町、安満新町、安満中の町、安満西の町、安満東の町、安岡寺町、井尻、出灰、今城町、美しが丘、浦堂、浦堂本町、永楽町、大冠町、大塚町、大手町、大畑町、岡本町、奥天神町、梶原、梶原中村町、春日町、上田辺町、上土室、上本町、唐崎、唐崎北、唐崎中、唐崎西、唐崎南、花林苑、川久保、川添、川西町、上牧北駅前町、上牧町、上牧南駅前町、上牧山手町、北大樋町、北昭和台町、北園町、北柳川町、京口町、郡家新町、郡家本町、高西町、神内、黄金の里、古曽部町、寿町、紺屋町、五領町、西面北、西面中、西面南、幸町、栄町、桜ヶ丘北町、桜ヶ丘南町、桜町、沢良木町、三箇牧、芝谷町、芝生町、清水台、下田部町、庄所町、昭和台町、城西町、城東町、城南町、城北町、須賀町、杉生、辻子、清福寺町、高垣長、高槻町、高見台、竹の内町、田能、玉川、玉川新町、大学町、大蔵司、大和、千代田町、塚原、塚脇、月見町、堤町、津之江北町、津之江町、寺谷町、天神町、天王町、出丸町、桃園町、東和町、殿町、登美の里町、富田丘町、富田町、道鵜町、土橋町、中川町、中畑、奈佐原、奈佐原元町、成合、成合北の町、成合中の町、成合西の町、成合東の町、成合南の町、南平台、西大樋町、西冠、西之川原、西真上、西町、西住吉町、如是町、二料、野田東、登町、野見町、萩谷、萩谷月見台、萩之庄、白梅町、柱本、柱本新町、柱本南町、八丁畷町、八丁西町、土室町、原、番田、東天川、東上牧、東城山町、東百住町、氷室町、日向町、日吉台、深沢町、深沢本町、藤の里町、別所本町、別所新町、別所中の町、紅茸町、本町、前島、真上町、牧田町、松川町、松が丘、松原町、三島江、緑が丘、緑町、南芥川町、南大樋町、南庄所町、南総持寺町、南松原町、宮が谷町、宮田町、宮之川原、宮之川原元町、宮野町、紫町、名神町、柳川町、八幡町、山手町、弥生が丘町、淀の原町、霊仙寺町、若松町などにお住いの方には出張買取をします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分