鈴木桐華(書道 買い取り対象書家 埼玉県)

鈴木桐華(本名虎之助)は関東大震災翌朝の大正12年埼玉県入間郡松井村(現所沢市)に生まれます。埼玉県所沢市はベッドタウンで集合住宅が多く、杉並区で30年以上買い取り、査定をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。鈴木桐華は14歳にして泰東書道展、関西書道会に入選します。松井如流に入門しますが第二次世界大戦に従軍しシベリアに抑留されます。帰国後28歳で日展に入選し毎日書道展の審査員となり51歳で全日本書道連盟監事になります。その後東方書道院、学習院大学講師、日展審査員、毎日書道会理事、日展参与などの要職を務め日展出品作「無極」が佐久市立近代美術館に収蔵されます。また海外への書道活動も熱心で日中平和友好条約5周年記念に出品しデンマーク、アメリカなどで開催される欧州美術クラブにも出品します。大変旺盛な書道活動をされた書家です、硯、掛軸なども相当数所持されてましたが印材も中村蘭台を始め小林 斗盦、保多孝三、梅舒適、中村淳など相当数所持していたようです。

亡くなる前年にも川端康成記念展にも出品し平成1983歳で逝去します。毎日新聞社会長の北村正任は鈴木桐華の切り開いた少字数書を高く評価していました、恐らく師匠の松井如流の影響を鈴木桐華なりに発展させた作風なのではないでしょうか。

 生前鈴木桐華は自身の書道を以下のように振り返ります。

「その時その時の自己をいかに表現するか、感情の高まりを一瞬の筆に託し、白と黒でどう表現するか?」という書家としての根源的な問いかけに向き合ってました。作風も前衛書家の雰囲気もあり、この時代の書家は青山杉雨、西川寧を意識しつつも新しい作風を見出そうと必死に書道と格闘していた様が伺えます。

 

書道買い取り専門すみのあとでは鈴木桐華の作品(掛け軸、色紙)を買い取り、査定いたします。

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

 所沢市は青葉台、旭町、新幡、泉町、岩岡町、牛沼、榎町、金山町、上新井、上安松、上山口、神米金、北秋津、北岩岡、北所沢町、北中、北野、北野新町、北野南、北原町、喜多町、北有楽町、くすのき台、久米、けやき台、糀谷、向陽町、小手指台、小手指町、小手指南、小手指元町、寿町、こぶし町、坂之下、狭山ヶ丘、下新井、下富、下安松、勝楽寺、城、新郷、所沢新町、中新井、中富、中富南、並木、西新井町、西狭山ケ丘、西住吉、西所沢、花園、林、東新井町、東狭山ヶ丘、東住吉、東町、東所沢、東所沢和田、日比田、日吉町、星の宮、堀之内、本郷、松が丘、松郷、松葉町、三ヶ島、緑町、南住吉、南永井、美原町、宮本町、御幸町、元町、山口、若狭、若松町、和ケ原などにお住いの方は出張買い取りいたします。関東圏だけでなく全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

参考文献 「鈴木桐華作品集成」