金田心象/買取対象書道家/北海道

金田心象(吉尾)は明治41年北海道生まれの書道家です。同時代の書道家は飯島春敬、金子鴎亭、青山杉雨など漢字系の書道家から近代詩文の書道家まで幅広くいます。鈴木翠軒に師事し北海道札幌師範学校を卒業後教員となります。当時から書道は義務教育でしたので書道家が教員をすることは非常に多いです。その後文部省に入省し学習指導要領の編纂にまで携わります。昭和58年勲四等旭日小綬章を受賞します。平成2年逝去。毎日書道展審査員、日展評議員、日展文部大臣賞、日本芸術院賞受賞。北海道幌延町には金田心象書道美術館があります。

金田心象は小柄でしたがその体躯とは裏腹に胆力が座っており学術的な書道論は青山杉雨でさえも認めていた、という経緯があります。またこの時代に特有なのか「小字基本論」を提唱し大事精習主義にまで展開しますが基本の理念は臨書にあり彼の主催した心画院展は臨書が主であったようです。しかしながら鈴木翠軒の影響か作品も神秘的で見るものを哲学的境地にいざなう雰囲気もあります。金田心象の作品は数が少ないので買取、査定の世界でも人気があります。

 

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)

北海道は赤平市、旭川市、芦別市、石狩市、岩見沢市、歌志内市、恵庭市、江別市、奥尻郡奥尻町、小樽市、帯広市、北広島市、北見市、釧路郡釧路町、釧路市、工藤軍せたな町、札幌市厚別区、札幌市北区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市中央区、札幌市手稲区、札幌市豊平区、札幌市西区、札幌市東区、札幌市南区、士別市、砂川市、滝川市、千歳市、十勝郡浦幌町、常呂郡置戸町、常呂郡訓子府町、苫小牧市、名寄市、根室市、野付郡別海町、登別市、函館市、日高郡ひだか町、桧山郡厚沢部町、桧山郡江差町、桧山郡上ノ国町、広尾郡忠類村、広尾郡大樹町、広尾郡広尾町、美唄市、深川市、二海郡八雲町、富良野市、古宇郡神恵内村、古宇郡泊村、古平郡古平町、北斗市、三笠市、三石郡三石町、室蘭市、紋別市、山越郡長万部町、山越郡八雲町、夕張郡栗山町、夕張郡長沼町、文郡礼文町、稚内市などにお住いの方には出張買い取りいたします。関東圏を始めとして全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。