近藤雪竹(書道 買取対象書家 東京)

近藤雪竹は文久3年江戸青山の山形藩邸で生まれます。同世代の書家は長尾雨山、内藤湖南、中村蘭台らがいます。杉並区で30年以上掛け軸、硯などの買取をしています当社もこういった書家の掛け軸作品でお声がかかります。

近藤雪竹は日下部鳴鶴四天王(井原雲涯、丹羽海鶴、岩田鶴皐)の一人として隷書を中心に書道の世界で活躍した書家です。日下部鳴鶴逝去後、同門をまとめ多くの弟子を輩出(辻本史邑、松本芳翠、川谷尚亭、藤本竹香ら)しました。

大正期、書道会や書道展など書道の世界が隆盛していく中日本書道会、文墨協会、日本書道作振会など多くの書道団体で理事、審査となり書壇の発展に尽力し昭和3年に逝去します。当社は近藤雪竹の作品を買取、査定しますが近藤雪竹の掛け軸作品はあまり目にすることがありません、それだけ希少作品の書家と言えるでしょう。

 

書道買取専門「すみのあと」では近藤雪竹の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 東京都は千代田区、中央区、港区、渋谷区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、杉並区、中野区、豊島区、北区、荒川区、江戸川区、葛飾区、足立区、板橋区、練馬区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、西東京市、綾瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、府中市、稲城市、町田市、多摩市、日野市、国立市、国分寺市、東村山市、大和市、立川市、福生市、昭島市、武蔵村山市、八王子市、あきる野市、羽村市、青梅市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村にお住いの方には出張買取いたします、関東圏を中心に全国出張もできますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F