稲村雲洞

稲村雲洞は大正13年福井県生まれの書道家です。同時代の書道家は高木聖鶴、小山やす子などかなで大成した書道家がいます。宇野雪村に師事し奎星会会員となり前衛書道の普及に努めます。硬筆の研究もしつつ伝統から逸脱する緩急をつけた流動性のある作品は前衛書道の世界でも高く評価されています。全日本書道連盟顧問、日中文化交流協会理事。

 

書道具買取専門「すみのあと」では稲村雲洞の作品(掛軸、額、色紙)の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)