生井子華

生井子華は明治37年茨城県生まれの篆刻家です。同時代の書道家は鈴木翠軒、安東聖空、飯島春敬などのちの書壇を背負った書道家たちです。杉並区で30年以上書道関係の査定、買取をしていますがこの時代の書道家の作品は数が多く、また人気もあったため買取のお話を頂くことが非常に多いです。生井子華はその後昭和7年に西川寧に師事します。昭和24年に日展にて特別賞を受賞し日展の審査員となり当時の篆刻業界の第一人者となります。その後昭和43年古河文化章を受賞します。平成元年逝去。

故郷の古河市には彼の偉業を称えた篆刻美術館があります。

 

書道具買取専門「すみのあと」では生井子華の作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)