桑原翠邦/買取対象書道家/北海道

①桑原翠邦とは

桑原翠邦(本名清美)は明治39年北海道帯広市生まれの書道科です。同時代の書道家は飯島春敬、木村汁知石、西川寧、上田桑鳩など昭和の書壇を牽引した書道家たちです。この時代の書道家作品は現在も人気があり売却されたいお客様からよくご相談をいただきますが次世代の書道家にお渡ししても必ず喜んでいただける書道家作品でもあります。桑原翠邦は大塚鶴洞に師事し大正13年に鉄道教習所を卒業後川谷尚亭らと知己を深め上京し比田井天来に師事します。その後上田桑鳩率いる書道芸術社に参加します。戦後は書壇と距離を置き師匠である比田井天来のように全国を廻りながら書道の研鑽を深めたと言われております。この時代の書道家は幕末の剣豪ではありませんが全国を行脚し自身の書道を深めるために様々な文化人、政治家とも交わっております。インターネットが流通している現代とは隔世の感がありますがこれはこれで血の通った付き合いができておりそれは現代人からすると羨ましい話でもあります。平成7年逝去。

②桑原翠邦の作品の売却について

桑原翠邦の掛軸、額作品は買取、査定の場で存外見かけます。ですが稀に贋物もありますのでその点は注意が必要です。往時人気のあった書道家作品、また絵画、骨董にもいえますが人気のある作品は贋物があります。そういった場合は作者本人の箱書き(共箱)があるかどうかが重要となります。また桑原翠邦は号が「魚目」ですのでそこを認識している業者でないと桑原翠邦の掛軸を見てもわからない場合があります。当社は書道家作品の専門業者になります、判断できない書道家作品がございましたらお気軽にご相談ください。

③桑原翠邦の売却時の価格について

書道家作品一般に言えることですがまずは状態が良いこと、シミがないこと、イタミがないことがあげられます。

第二に作者本人の箱書きがあるか?いつの時代の作品か?展覧会などに出展した作品か?などが査定要素に関わります。

以上を勘案したうえで桑原翠邦の掛軸、額、色紙作品は5千円から5万円の範囲になります。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください。

北海道は赤平市、旭川市、芦別市、網走市、石狩市、岩見沢市、恵庭市、江別市、奥尻郡奥尻町、小樽市、帯広市、北広島市、北見市、釧路郡釧路町、釧路市、札幌市北区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市中央区、札幌市手稲区、札幌市豊平区、札幌市西区、札幌市東区、札幌市南区、士別市、砂川市、滝川市、伊達市、千歳市、苫小牧市、苫前郡初山別村、苫前郡苫前町、苫前郡羽幌町、中川郡池田町、威子府村、中川郡豊頃町、中川郡中川町、中川郡美深町、中川郡本別町、中川郡幕別町、名寄市、新冠郡新冠町、爾志郡乙部町、爾志郡熊石町、根室市、野付郡別海町、登別市、函館市、日高郡ひだか町、桧山郡厚沢部町、桧山郡江差町、桧山郡上ノ国町、広尾郡忠類村、広尾郡大樹町、広尾郡広尾町、美唄市、深川市、二海郡八雲町、富良野市、古宇郡神恵内村、古宇郡泊村、古平郡古平町、北斗市、幌泉郡えりも町、増毛郡増毛町、松前軍福島町、松前軍松前町、三笠市、三石郡三石町、室蘭市、目梨郡羅臼町、紋別郡生田原町、紋別郡遠軽町、紋別郡雄武町、紋別軍興部町、紋別郡上湧別町、紋別郡白滝村、紋別郡滝上町、紋別郡丸瀬布町、紋別軍湧別町、紋別市、山越郡長万部町、山越郡八雲町、夕張郡栗山町、夕張郡長沼町、夕張郡由仁町、夕張市、勇払郡厚真町、勇払郡安平町、勇払郡追分町、勇払郡占冠村、勇払郡早来町、勇払郡穂別町、勇払郡むかわ町、余市郡赤井川村、余市郡仁木町、余市郡余市町、利尻郡利尻町、利尻郡利尻富士町、留萌市、礼文郡礼文町、稚内市などにお住いの方には出張買い取りいたします。関東圏を始めとして全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。