松本芳翠/買取対象書道家

 

日本芸術院会員である松本芳翠(松本英一)は明治26年愛媛に生まれます。同世代の書道家は大石隆子、青山杉雨、西川寧など戦後の書壇の立役者となった書道家たちです。今治中学校を卒業後、加藤芳雲、近藤雪竹、日下部鳴鶴に師事し漢字を中心とした書道の研鑽を積みます。。その後「書海社」を設立し競書誌「書海」を発行します。その後も手本、教本などを出版し全国に松本芳翠の影響を受けた書道家がいます。その後日展評議員から日展参与まで登りつめ紺綬褒章という栄誉ある勲章を授与されます。書風は六朝を基盤とした伝統的な作風に根差しながらもどこか現代的ですっきりとしたその作風は「剛腕」とまで評され全国に多くのファンがいます。

当社は書道買取専門で30年以上の実績があります。松本芳翠の掛軸、額、色紙作品は存外見かけます、往時それだけ多くの人に影響を与えたことかと思われます。ご自宅に眠っている松本芳翠をはじめとした書道家作品がありましたらお電話でもメールでも御気軽にご相談ください。

 

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品(掛軸・額・色紙)の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)