杭迫柏樹(書道 買取対象書家 静岡県周智郡)

杭迫柏樹は昭和9年静岡県周智郡森町に生まれます。同世代の書道の書家は浅香鉄心、毛利柳村、井茂圭洞らの書家がいます。周智郡は歴史的に浜松市、袋井市の一部であった時期があります、現在では森町の一部ですがかつては徳川家の天領として幕府領、旗本領がありました。恐らく徳川家のお膝元として江戸期の大名達が鷹狩りや参勤交代などで周智郡の寺社仏閣で骨を休めていたのではないでしょうか?杉並区で30年以上掛軸、硯などの買取、査定をしています当社も静岡県周智郡に伺うことがあります。

そんな静岡県周智郡出身の書家、杭迫柏樹は京都学芸大学を卒業した後村上三島に師事します。昭和57年には日展で特選を受賞し、「一葉」で内閣総理大臣賞を受賞し「茶送」で日本芸術院賞を受賞します。その後書家として京都市文化功労者、京都新聞大賞を受賞し現在でも書家として様々な掛軸、色紙作品を京都を中心に発表し続けております。書家杭迫柏樹の作風は師匠の村上三島に比して飾り気のない、しかしながら現代的な書道作品を発表しており、人気作家でもあるので買取、査定でよく拝見させていただける書道作品でもあります。

こういった書家の歴史を踏まえた作品が現在でも流通していますことは大変書道の世界にとって意義あることだと思います。

書道取専門「すみのあと」では杭迫柏樹の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

静岡県は熱海市、伊豆市、伊豆の国市、伊東市、磐田市、御前崎市、掛川市、加茂郡河津町、加茂郡西伊豆町、加茂郡東伊豆町、加茂郡松崎町、加茂郡南伊豆町、菊川市、湖西市、御殿場市、静岡氏葵区、静岡市清水区、静岡市駿河区、島田市、下田市、周智郡森町、裾野市、駿東郡小山町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、田方郡函南町、沼津市、榛原郡川根本町、榛原郡吉田町、浜松市北区、浜松市天竜区、浜松市、浜松市北区、浜松市天竜区、浜松市中区、浜松市西区、浜松市浜北区、浜松市東区、浜松市南区、袋井市、藤枝市、富士市、富士宮市、牧之原市、三島市、焼津市などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分