日下部鳴鶴/買取対象書道家/滋賀県

日下部鳴鶴は天保9年彦根藩(滋賀県)生まれの書道家です。同時代の書道家は中林梧竹、小野鷲堂など書道の礎を担った書道家たちです。この時代の書道家作品は往時は人気があり高値で取引されていました。現在は時代の流れとともに掛軸の価値、値打ちも変わりましたがこの時代の書道家作品の良さは変ることがありません。日下部鳴鶴は中林梧竹、巌谷一六らと合わせて「明治の三筆」と呼ばれる近代書道の立役者であることは言うまでもありません。

日下部鳴鶴は井伊直弼暗殺後の彦根藩に在籍していたため幕府から大幅な減俸を受け藩自体が困窮します。その後上京し維新政府では太政官を務めあげます、その後内閣書記官となりますが大久保利通が暗殺され政治を辞し書道に専念します。このような激動の時代を生き抜きながらも中国書法の研究を進め六朝書道を基礎に独特の書風を作り上げ鳴鶴四天王(丹羽海鶴、井原雲涯、近藤雪竹、岩田鶴犀)を始めとして比田井天来、黒崎研堂、田代秋鶴、西脇呉石など次世代の多くの書道家を育てた後大正11年に逝去します。

日下部鳴鶴の掛軸作品は大変数が多く市場ではよく見かけますがその内容は書道家が所持していたことも多く現在でも多くの書道家に影響を与え続けております。

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください。

滋賀県は下記地域を中心に出張買取をしています。

犬上郡甲良町、犬上郡多賀町、愛知郡愛荘町、近江八幡市、大津市、草津市、蒲生郡竜王町、甲賀市、湖南市、高島市、長浜市、東近江市、彦根市、米原市、守山市、野洲市、栗東市などにお住いの方には出張買い取りをします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。