成瀬映山(書道 買取対象書家 東京都渋谷区)

成瀬映山(本名栄三)は大正9年東京都渋谷区に生まれます。同世代の書家は高木聖鶴、小林抱牛、梅原清山等戦後の書道界を担った書家達ですね。杉並区で30年以上、掛け軸、硯などの買取、査定をしています当社もこういった書家のお弟子さんから呼んでいただけることがよくあります。成瀬映山は東横百貨店に勤務していたときに青山杉雨に出会う、という異色の経歴の持ち主です。その後青山杉雨に師事し昭和39年に日展で特選を受章します。昭和59年には「杜甫詩」で日展内閣総理大臣賞を受賞します。これといったバックボーンはなさそうですがいわゆる天才肌の書家なのでしょうか?私も何度か成瀬映山の掛軸、額作品は扱いましたが師匠の青山杉雨の流れを汲みつつも新時代を切り開く熱意のある書道作品が多く、個人的に感銘を受ける書家でもあります。その後も書道界に影響を与え続け聖徳大学教授を経て勲四等旭日小綬章、文化功労章などの栄誉ある勲章を受章しております。

成瀬映山の掛け軸作品を現代の書家が好きな理由もよくわかります。硯、筆などの古風な書道具を配置した後に成瀬映山の掛け軸などを飾ると何とも言えない現代書道空間が顕現します。これが芸術的な書道の力でしょうか?

 

書道具買取専門「すみのあと」では成瀬映山の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

千代田区、中央区、港区、渋谷区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、杉並区、中野区、豊島区、北区、荒川区、江戸川区、葛飾区、足立区、板橋区、練馬区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、西東京市、綾瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、府中市、稲城市、町田市、多摩市、日野市、国立市、国分寺市、東村山市、大和市、立川市、福生市、昭島市、武蔵村山市、八王子市、あきる野市、羽村市、青梅市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)