恩地春洋/買取対象書道家

恩地春洋は大正4年高知県生まれの書道家です。同時代の書道家は伊藤鳳雲、加藤湘堂、赤羽雲庭、青山杉雨など漢字系、かな系など充実した書壇を担った顔ぶれです。恩地春洋は川崎白雲に師事し、自身の書道精神をすてなければならないという「滅私」の精神で書道を揮毫します、その精神が顕現された「捨」は多くの書道家の心を捉えました。毎日書道会理事、玄遠社、春洋会会長。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)