山崎方石

山崎方石は大正9年東京都生まれの篆刻家です。同時代の書道家は殿村藍田、恩地春洋、高木聖鶴など昭和の書壇を牽引してきた書道家たちです。この時代の書道家作品は書道が隆盛を極めていた時代でもあり、掛軸、額作品など多く取引されてきました。山崎方石は中村蘭台に師事し篆刻の製作に尽力します。全日本篆刻連盟常任理事。謙慎書道会常任理事。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700