尾崎邑鵬(書道 買取対象書家 京都府)

尾崎邑鵬(本名敏一)は大正13年京都府宮津市に生まれます。明治大正期は多くの書家が輩出されており、青山杉雨、西川寧、金子鴎亭、比田井天来などそうそうたる書家がいます。杉並区で30年以上買取、査定をしています当社もこのクラスの書家のお弟子さんのお宅に呼んでいただけることがよくあります。

尾崎邑鵬は広津雲仙に師事し、その後松坂屋大阪店の勤務を経て辻本史邑に師事します。32歳で日本書芸院展に初入選します。ここから尾崎邑鵬の書家人生がスタートします、55歳で日展に入選しその後財団法人全国書美術振興会、日展で理事を務め自身の書道団体である由源社を主宰します。平成に入っても活躍はとどまるところを知らず社団法人日本書芸院理事長、社団法人全日本書道連盟理事長を歴任し尾崎邑鵬展を中国で開催するにまで至ります。

尾崎邑鵬は辻本史邑の影響を強く受けていることが掛軸作品からもわかります、尾崎邑鵬の掛軸作品などは張端図らの影響を受けてます。当時の書壇は六朝主体の漢学から戦後の開放的なムードも伝わったのか次第に書道会は明清の書道を志すようなりますがその立役者が辻本史邑です。尾崎邑鵬は張端図を敬愛しておりましたがこの時代の書家を評価したのが辻本史邑だったからではないでしょうか。他には劉石庵、王鐸が有名です。辻本史邑は弟子も多く村上三島、谷辺橘南、広津雲仙、今井凌雪、榊獏山などがおり関西書道会のトップクラスが集結しているかのようです。辻本史邑が関西書壇のグランドデザインをしたという書家もいるくらいですので尾崎邑鵬もその大きな影響を受けた書家の一人だと思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では尾崎邑鵬の作品(掛軸、色紙)の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

京都府は綾部市、乙訓郡大山崎町、亀岡市、木津川市、京田辺市、京丹後市、京都市右京区、京都市上京区、京都市北区、京都市左京区、京都市下京区、京都市中京区、京都市西京区、京都市東山区、京都市伏見区、京都市南区、京都市山科区、久世郡美山町、熊野郡美浜町、城陽市、相楽郡笠置町、相楽郡加茂町、相楽郡木津町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、相楽郡和束町、竹野郡網野町、竹野郡丹後町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、中郡大宮町、中郡峰山町、長岡京市、南丹市、福知山市、船井郡京丹波町、船井郡園部町、船井郡丹波町、船井郡日吉町、船井郡瑞穂町、船井郡八木町、船井郡和知町、舞鶴市、宮津市、向日市、八幡氏、与謝郡伊根町、与謝郡岩滝町、与謝郡加悦町、与謝郡野田川町、与謝郡与謝野町などにお住いの方には出張買取いたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)