尾上柴舟(書道 買取対象書家 岡山)

尾上柴舟(本名八郎)は明治9年岡山県苫田郡津山町(現津山市)に生まれます。杉並区で30年以上買取、査定をしています当社も硯、掛軸などを中心に全国出張を承りますので岡山県に伺うこともあります。尾上柴舟の同時代の書家としては豊道春海、中林梧竹、安東聖空などがおり弟子には大石隆子がいます。津山藩士の三男として生れ尾上動の養子となり津山小学校高等科を卒業後兵庫県龍野(現たつの市)に移住し、東京帝国大学文科を卒業します。尾上柴舟は旧津山藩譜代の北郷家出身という出自のよさもあったせいか漢学、四書五経、書道は教養として身についていたのではないでしょうか。その後教員になり東洋大学、お茶の水女子大学、早稲田大学教授を経て女子学習院(現学習院女子大学)教授になります。尾上柴舟は書家としても有名ですが歌人としても名高く落合直文、大口周魚に師事します、川合玉堂との合作も多いですね、その後金子薫園とともに「叙景詩」を刊行し浪漫主義に対抗します。その後は書家として帝国芸術院会員となりインフルエンザと狭心症を併発し81歳で逝去します。

尾上柴舟は大正3年の大正博覧会で豊道春海とともに最高賞を受賞し、ここからこの二人が大正~昭和期の書壇の中心になります。尾上紫舟はかな、豊道春海は漢字としてともにライバル関係になります。こういった権勢を誇る書家は時代の変遷期に必ず現れますね。こういった書壇の権威を誇った書家の掛軸作品を扱うこともまた楽しみの一つです。

 

書道買取専門「すみのあと」では尾上柴舟の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

岡山県は英田郡西粟倉村、赤磐市、浅口郡里庄町、浅口市、井原市、岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、加賀郡吉備中央町、笠岡市、勝田軍勝央町、勝田郡奈義町、久米郡久米南町、倉敷市、瀬戸内市、総社市、高梁市、玉野市、都窪郡早島町、津山市、苫田郡鏡野町、新見市、備前市、真庭郡新庄村、真庭市、美作市、和気郡和気町などにお住いの方には出張買い取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)