小野鷲堂/買取対象書道家

小野鷲堂は文久2年駿河国生まれの書道家です。同時代の書道家は比田井天来、中林梧竹らがいます。小野鷲堂は明治時代から大正時代にかけてかな文字の基盤を築き上げた書道家です。また日下部鳴鶴四天王の丹羽海鶴、近藤雪竹らとも同世代でもあります。この時代に漢字系ではなくかな文字を推進したことで当時の婦人に広まり「鷲堂流」と呼称されるようになりました。小野鷲堂の掛軸、額作品は数が多く、査定、買取の現場でも拝見することが多いです。それだけ当時人気、名声が高かった書道家かと思われます。大正11年逝去。

 

書道具買取専門「すみのあと」では小野鷲堂の作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)