小林斗盦(書道 買取対象篆刻家 埼玉県)

小林斗盦(小林斗アン)(本名は庸浩)大正5年埼玉県に生まれます。同世代の書家、篆刻家は篠田桃紅、金子鴎亭、梅舒適.、浅見筧洞、成瀬映山、梅原清山らがいます。小林 斗盦(小林斗アン)は比田井天来、石井雙石に師事し書道、篆刻を学び印材、掛け軸作品を揮毫します。篆刻に対する情熱は深く太田夢庵に師事しさらに篆刻家としての研鑽を積みます。杉並区で30年以上、掛軸、硯の査定、買取をしています当社も小林斗盦(小林斗アン)の印材はよく拝見させていただきます。それだけ人気篆刻家だったのでしょう。昭和60年には日展の理事となります。青山杉雨、西川寧、手島右卿らの名だたる書家も小林斗盦の印材を所持しております、山田正平、中村蘭台などの著明篆刻家もおりますが、小林斗盦の刻った印材はそういった篆刻家に劣らず価値があったということなのでしょう。その後平成10年に文化功労章、平成16年に文化勲章という栄誉ある勲章を受章し平成19年肺炎により逝去します。

小林斗盦は篆刻だけでなく出版事業も熱心で著作も多数あります、ご興味があればぜひご一読されることをお勧めします。

 

書道買取専門「すみのあと」では小林斗盦(小林斗アン)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 埼玉県は西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区 川口市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市 鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町 朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町 所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市 川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町 東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村 秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町 熊谷市、深谷市、寄居町 本庄市、美里町、神川町、上里町などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分