小林抱牛/買取対象書道家/福井県

小林抱牛は大正14年福井県生まれの書道家です。同時代の書道家は古谷蒼韻、高木聖鶴、小山やす子などかな、漢字系などで一線で活躍した書道家たちです。この時代の書道家作品を売却されたいご遺族の方から良くご相談を受けます、当時はそれだけ書道家作品に人気があり色々な師弟関係を始めお付き合いで購入されていた時期があったと思います。小林抱牛は手島右卿に師事し平成12年に毎日書道展文部大臣賞を受賞します。手島右卿率いる独立書人団は「ライオンの右卿」の異名をとる手島右卿が先生だけに大変な緊張感あふれる職場?だったと聞きます。そういった中で戸田提山、山崎大抱、貞政少登、伊東参州など大成した書道家が多いのはその書道空間が比類なき魅力にあふれていたからではないでしょうか。小林抱牛は大字書の泰斗であり開拓者でもありました。大事を揮毫する際には熱気を帯びず心情を鎮めることから書に向き合っており、その製作した作品は観るものを深い感動に引き込んでいたことと思われます。毎日書道会最高顧問、独立書人団会長、抱牛会主宰。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください。

福井県は下記地域を中心に出張買取をしています。

あわら市、今立郡池田町、越前市、大飯郡おおい町、大野市、小浜市、勝山市、坂井市、鯖江市、敦賀市、丹生郡越前町、福井市、三方郡美浜町などにお住いの方には出張買取をします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。