小川瓦木/買取対象書道家

小川瓦木は明治44年千葉県生まれの書道家です。同時代の書道家は金田心象、金子鴎亭、青山杉雨など昭和の書壇を背負った書道家が多いです。小川瓦木は前衛書道家である上田桑鳩に師事し前衛書道の道に邁進し大日本書道院展で金賞を受賞します、その後「叙情」が千葉県立美術館に所蔵されます。平成12年逝去。

小川瓦木は奎星会に所属しますが宇野雪村、森田子龍、井上有一など前衛書道のスターともいえる書道家が多く大変な影響を受けていたと思われます。ですがその後思想の相違から奎星会を離れ「東洋書芸院」を興すにまでなります。小川瓦木の作風はややもすると奇抜な作風にも見え、ラッカーを使いながら精神の内なる創作を目指しておりました。かような作風ですが小川瓦木の作品は存外目にします、当時も大変な人気書道家だったのではないでしょうか。

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)