安東聖空

安東聖空は明治23年兵庫県生まれの書家です。同世代の書家は松本芳翠、鈴木翠軒、柳田泰雲など昭和の書壇を支えた書道家が顔を連ねております。姫路師範学校(兵庫教育大学)を卒業後、神戸第一高等女学校で教鞭を執ります、この時代の書道家は書道=義務教育でもありましたので書道家が教員になる、という現象はありふれた話でもあります。杉並区で30年以上掛軸、硯、書道具の査定、買取をしていますが明治、大正期の書道家の作品、手本を売却されたい方が非常に多いです、それだけ往時は書道家の作品が多かった、愛されていた、という証左なのかもしれません。その後安東聖空は独学でかなを学び雑誌「かなとうた」を創刊します。その後もかな書道に邁進した後昭和58年逝去します。

 

書道具買取専門「すみのあと」では安東聖空の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)