加藤湘堂/買取対象書道家

加藤湘堂は大正11年神奈川県生まれの書道家です。同時代の書道家は高木聖鶴、小山やす子、青山杉雨など昭和の書壇を担った顔ぶれです。加藤湘堂は田中親美、上村和堂に師事しかな文字と和様写経を研究し、日本の象徴を「和」と捉え簡素な作品の中に黒と白の調和を求めました。そういった書道家作品はありそうであまりなく、その作風は現在でも評価が高く買取、査定でも人気書道家です。かな書道作家協会理事長、全日本書道連盟顧問、湘帆会主催。

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品(加藤湘堂)の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)