内藤湖南(書道 買取対象書家 秋田県鹿角市)

内藤湖南(虎次郎)は慶応2年陸奥国毛馬内村(現秋田県鹿角市)に生まれます。同世代の書家、儒学者は中村蘭台、長尾雨山、宮島詠士、比田井天来らがいます。杉並区で30年以上書道関係の買取、査定をしています当社もこういった書家の作品でお声がかかることがよくあります。

内藤湖南は早熟の天才で6歳で「大学」を7歳で四書五経を習得します。その後秋田師範学校を通常の半分の期間で卒業し京都帝国大学で講師、教授となります。東洋史の研究に関しては他の追随を許さず独特の文化史観で中国の時代を分類します。また書道も能く、掛軸作品も多いですね、また漢字作家であり研究者でもあったため著作も多く数多くの掛軸作品で箱書きもしております。鑑定家と称される人種は数多いですが内藤湖南の箱書きは同時代の長尾雨山同様信頼性が高いですね、晩年は京都府に隠棲し昭和9年逝去します。当社は内藤湖南の掛軸作品、書籍の買取、査定をしています。ご自宅に眠っている掛軸作品などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

書道買取専門「すみのあと」では内藤湖南の掛軸作品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

鹿角市は尾去沢、十和田上向、十和田大湯、十和田岡田、十和田草木、十和田毛馬内、十和田末広、十和田瀬田石、十和田錦木、十和田山根、八幡平、花輪などにお住いの方には出張買取いたします。関東圏を中心に全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分