保多孝三/買取対象篆刻家

保多孝三は明治41年に東京に生れます。同世代の書家は大石隆子、柳田泰雲、西川寧、青山杉雨などそうそうたる顔ぶれです。若いころより篆刻を目指し国学院大学在学中に「喫茶去」で西川寧に認められその後書壇で活躍し山田正平、中川一政らと交流も持ち国学院大学教授も勤めます。昭和60年逝去。

杉並区で30年以上硯、掛軸等の書道具の買取をしています当社も保多孝三のお弟子さんから査定、ご売却のご相談をよくいただきます。それだけ篆刻作品が多い作家で数はよく目にします、それだけ人気のあった篆刻家でもあったのでしょう。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の査定、買取を強化してます。ご自宅に眠っている書道家の掛軸、色紙、額作品などがありましたらお気軽にご相談ください。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)