伊藤鳳雲/買取対象書道家

伊藤 鳳雲(弘三)は大正5年神奈川県生まれの書道家です。同時代の書道家は高木聖鶴、小山やす子、青山杉雨など昭和の書壇を担った書道家たちです。独学で書道を学んだ後田中塊堂に師事しかな文字を学びます、勲四等旭日章受章、日展常務理事、日本書芸院名誉顧問、千草会会長、平成13年逝去。

伊藤 鳳雲は平安朝のかなと中国の書を取り入れた作風ですが高野切の持つ鷹揚かつ品格のある作風を目指しており、特にかな作品にみられる「余白」を活かした作風が「ちらし書き」として多くの書道家に影響を与えました。買取、査定の現場でも伊藤 鳳雲の作品は拝見することが多いのもそれだけ人気書道家であったということに他なりません。

 

書道具買取専門「すみのあと」では伊藤 鳳雲の作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)