井茂圭洞(書道 買取対象書家 兵庫県)

井茂圭洞は昭和11年兵庫県に生まれます。同世代の書家は新井光風、小山やす子、毛利柳村、小林抱牛らがいます。杉並区で30年以上硯、掛け軸などの買取、査定をしています当社もこういった書家のお弟子さんからお声をいただくことがあります。井茂圭洞は深山龍洞に師事しかな文字を研究し書家として大成します。かな文字に関しては深山龍洞は小野鷲堂の弟子ですので井茂圭洞もそのかな書道の流れを汲んだ作風ですね。そういった書道の研鑽の結果か昭和36年「若山牧水の歌」で日展に初入選します。その後京都教育大学教授、日展評議員を務め、平成13年には「清流」で日展内閣総理大臣賞を受賞するにまで至ります。その後芸術院賞、日本芸術院会員を務め平成30年には文化功労者となります。

小山やす子も平成28年に文化功労章を受章しています。同世代の書道家同士切磋琢磨しているのでしょうか?青山杉雨、西川寧らの保守本流の漢字作品もいいですが井茂圭洞や小山やす子が広めたかな文字の美しさも書道のひとつの魅力だと思います。また井茂圭洞は「日本書学大系」「二玄社かな字典」など著作も多く書道愛好家にとっての教本となりやすいですね、現在書道人口が減っているので現代の書家は危機感を持っていますがそういった状況の中、書道の間口を広げている点も書道会に貢献しているといえましょう。

 

書道具買取専門「すみのあと」では井茂圭洞の掛け軸作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

兵庫県は相生市、明石市、赤穂郡上郡町、朝来市、芦屋市、尼崎市、淡路市、伊丹市、揖保郡太子町、小野市、加古川市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加西市、加東市、川西市、河辺郡猪名川町、神崎郡市川町、神崎郡福崎町、神戸市北区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市中央区、神戸市長田区、神戸市灘区、神戸市西区、神戸市東灘区、神戸市兵庫区、篠山市、佐用郡佐用町、三田市、宍粟市、洲本市、多可郡多可町、高砂市、たつの市、丹波市、豊岡市、西宮市、西脇市、姫路市、美方郡香美町、美方郡新温泉町、三木市、南あわじ市、養父市などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)