書道具について

書道具について

一般に書道具といえば硯、紙、筆、印材を文房四宝と呼びますがこの条件で書道をする人はあまりおらず一般的には墨汁と硯を使った義務教育の書道が思い浮かびます。学校教育の場合江戸期より寺子屋が日本では発達してきた歴史があり日本は当時世界でもトップクラスの識字率があったと言われております。その流れのひとつが義務教育の書道であったことは想像に難くないですが書道具もそこまで数がいるものではないので基本的な理念は「文字を正しく整えて書く」というスタイルだと思います。書道が日本国の識字率を向上させたことにより日本の伝達文化が大きく発展したことは異論がないと思いますが、いわゆる「道」の文化は国粋主義として戦後にいったん廃止された過去があります。

そういった中で書道を表現する舞台が書道具になります。書道具は硯、筆、紙、墨により成立しますが書道具として最も価値のある道具は一般的には硯であり、其の中でも中国の硯は往時の書道家に珍重されてきました。中でも端渓硯、特に老抗の硯は時代のないものでも高額で今でも人気があります。日本の硯も地域によって様々ですが山梨の雨宮静軒の鈴井rは造形も現代的で往時の人気ぶりがうかがえる作行でもあります。

筆に関しては歴史が古く伝説上は秦の蒙恬将軍が作ったと言われております、中国は武人も書を能くしていた証左でもあります。その後紀元前4世紀頃の古墳から筆、竹筒が出土していることからその時代に軍隊内でのコミュニケーションツールとして使われていたようです。筆は持つところを軸といい毛の根元のから腰→腹→頭→穂先となっておりその毛の材料も馬、羊、猪、孔雀など様々な動物の毛が使われており試行錯誤の歴史が垣間見えるのは面白いですね。ただ筆は使ったあと、丁寧に洗わないと墨の中にある膠が固まり筆が凝固してしまいますので必ず手入れをしないと使えなくなります、当社も査定、買取りの際固まった筆をよく見かけますが少し残念な気持ちになります。

書道具の歴史は深く現在も義務教育として成り立っています、今後も付き合っていきたく思います。

 

 

書道買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)